自転車ソロキャンプ[総予算5万] その7:寒くなってきたので

 

■次はどこへ行こう

11月に入り、いよいよ寒くなってきました。
山の方はもう朝方耐えられないほど寒くなる可能性があるので、平地でキャンプ場を探そうと思います。
今回は、「リバーパーク上長瀞」です。

 

 

■駅から近い

キャンプ場は、最寄りの上長瀞(秩父鉄道)から、徒歩5分ぐらいみたいです。
最寄り駅から自転車だとあっという間に着いて、意味がないので、あえてちょっと離れた駅から
自転車で自走で向かいます。
電車を降りた駅は、西武線の芦ヶ久保
DSC_0096
ここから20Km弱です。国道は車の交通量が多いので、なるべく県道を使って行きます。基本的にゆるやかな下り坂なので、そんなに大変ではないです。

 

■いろいろ近い

DSC_0098
途中買い物などしながら、2時間ほどで到着。
前回までのキャンプ場は、人家からかなり離れていましたが、今回は、キャンプ場のすぐ横に人家があったりしてかなり違った様子です。いろんなキャンプ場がありますね。
最寄りのコンビニまでも徒歩5分、スーパーは15分ぐらいのところにあり、便利なのはいいし、安心なんだけど、キャンプで味わえる適度な「不便感」が薄れているような気もして複雑な心境です。

 

■ガスでBBQをしたい。

ガスを使った携帯コンロは火力も安定し、便利なんですが、バーベキューをやるにはやはり火を焚くしかないのか?と思っていましたが、携帯ガスコンロでも使えそうな焼肉プレートがありました。

DSC_0145
イワタニ 焼肉プレート(amazonで1296円)です。
これを適度な高さに設置することで
DSC_0146
携帯ガスコンロの火が届く高さになります。
これで肉が焼けそう!

DSC_0148
焼けたー!!
肉にちゃんと火が通っている!おいしい!
このままいろいろ具材をのせるぞ~
DSC_0150
BBQっぽっくなった!
そしてちゃんと肉も野菜も焼ける!おいしい!

携帯ガスコンロでここまでできるとは。このプレートすごい。

 

 

■想定外の雨

DSC_0155
早朝、テントをたたく雨粒の音。音は次第に大きくなり、朝食を作っている最中に、結構な雨が降り出した。
非常にまずい。雨をしのぐ場所は限られているので、早々に撤収することにした。
テントを乾かす間もなく、荷物を収納して上長瀞の駅に駆け込み、今回のキャンプ終了。

 

 

■今回の費用

・自転車および装備:28,960円
自転車、荷台、輪行袋など

・キャンプ関連用品:12,934円
テント、マット、寝袋、ガスコンロ、焼き肉プレートなど

・食費:交通費:7,988円
往復の電車代、食材費、キャンプ場利用料など

合計:49,882円

なんとか予算内に収まりました。交通費は前回ほどかかっていないけど、
キャンプ場使用料が結構とられたので、結果的に予算ぎりぎりになってしまいました。最初に芦ヶ久保から
キャンプ場まで自走して電車代を抑えなかったら予算オーバーだったので、結果オーライですね。

シーズン終了が近づいてきました。11月末で営業終了のキャンプ場が多いですが、次はどうしようかな…

——————————————————————————————————————-
[*1] 1回の旅行で使用した機材、諸経費の総額
但し、次の費用は除く:原稿執筆用機材、撮影用機材、使い切りでない消耗品、衣類装飾品等身に着けるもの
日程の都合上、別記事の撮影を同時に行っておりますが、そちらに要した機材等の費用は含んでおりません。
▼自転車ソロキャンプシリーズ
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その1:まずは自転車選び
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その2:キャンプに持っていくもの
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その3:初めてのソロキャンプ【西湖】(前編)
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その4:初めてのソロキャンプ【西湖】(後編)
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その5:反省と改良
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その6:富士山の西には何がある?
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その7:寒くなってきたので
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その8:カレーは正義
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その9:お台場行ってきました(前編)
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その10:お台場行ってきました(後編)
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その11:想定外のトラブル
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その12(最終回):あとがき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

との

との

初心者キャンパー。
自転車乗りとしては10年以上の経歴があり、ロードバイクから小径車まで幅広く乗りこなす。各種ツーリングイベントに参加している他、ソロで長距離ツーリングを行い1日300Km近く走ることもある。自転車の経験を活かして、キャンプツーリングを快適にするべく模索中。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る