携帯食 食べ比べ

アウトドアショップに行くと、携帯食がいろいろ販売されています。

気になる人は多いとおもうけど、所詮携帯食なので、美味しくないんじゃないかと思って
買うのをためらったりするんじゃないでしょうか?

私も気になったので、いろいろ買って食べ比べてみます。

 

 

1.尾西の松茸ごはん。

DSC_0203

日本人なら、ごはん食べたいですよね。

おかずがないときのことも考えて、味がついている松茸ごはんを選んでみました。
調理は水またはお湯を入れるだけです。水でも調理できるのがうれしいですね。(ただし時間がかかる)
せっかくなので、お湯を入れてみます。
DSC_0106
本当にお湯を入れるだけ。これで本当にごはんができるのか?
ここから15分待たされます。空腹のときは15分待つのはつらいですが、しょうがないですね。
15分たちました。
DSC_0109
こんな感じ。お味のほうは…
美味い! これがお湯を入れただけとは思えないほどふつうにおいしい。量もそれなりにあるので満足できました!

 

2.ビーフシチュー(フリーズドライ)

DSC_0103

フリーズドライコーナーから、おいしそうなのを一つ選んで来ました。
ビーフシチューをフリーズドライで実現したらどうなるか、試食してみたいとおもいます。
フリーズドライなので、マグカップに入れてお湯を注ぐだけ
DSC_0105

出来上がりはこんな感じ。
DSC_0108

試食してみた感想ですが、
インスタントのコーンスープ(お湯をそそぐだけ)を、ビーフシチュー味にしたような感じ、が近いかと思います。でもふつうにおいしいのでおかずとしてはOKです。ビーフシチューなので、お肉(たぶんビーフ)が入っているのですが、お肉の食感もたのしめます。ただ、普段イメージしているビーフシチューは、ビーフ肉の角形の塊が入っているものですが、そこまでの肉ではないです。薄い肉が何枚か入っているぐらいでした。携帯食なので、そこまで贅沢を求めるものではないので、これで十分かと思います。

 

3.岳食(そば)

岳食という名前がついているぐらいなので、山登りのための携帯食なのでしょう。
DSC_0104

調理法は、インスタントラーメンの作り方と同じ。鍋で茹でます。
茹で汁を捨てる必要はなく、そのままつゆを入れると完成です。
DSC_0112

普通にそばですね。岳食というすごい名前がついているのでサプライズを期待したのですが、普通でした。まあ、山の中でそばを食すことができること自体贅沢なので、ふつうが一番ですね。
味はもう少し濃い方が私としては好みです。十分おいしいですけど。

 

4.マルタイ棒ラーメン

定番ですが、最後にこちらの感想ものせておきます。
特にキャンプや登山用というわけではなく、普通にスーパーやコンビニでも売っています。
DSC_0113

こちらコンビニで買ってきたもので、豚骨味です。2食セットになっているのがうれしいですね。
DSC_0139
インスタントラーメンを作る要領で完成。
小腹がすいたときとかにちょうどいい分量だと思います。

今回試した中では、最初の尾西の松茸ごはんが、簡単調理の割に意外におしかったのでびっくりしました。
また次の機会に別の商品も試したいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

との

との

初心者キャンパー。
自転車乗りとしては10年以上の経歴があり、ロードバイクから小径車まで幅広く乗りこなす。各種ツーリングイベントに参加している他、ソロで長距離ツーリングを行い1日300Km近く走ることもある。自転車の経験を活かして、キャンプツーリングを快適にするべく模索中。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る