自転車ソロキャンプ[総予算5万] その2:キャンプに持っていくもの

 

■この企画の趣旨

私はキャンプ初心者ですが、以前からあこがれていた自転車でのソロキャンプにチャレンジしてみます。但し、総予算(自転車込)は5万円に抑えようと思います。

 

■前回のおさらい

予算を抑えつつ、自転車ソロキャンプをするための自転車の選定。作戦として、輪行(電車に自転車を折りたたんで持ち込む)でキャンプ場の近くの駅まで自転車を運ぶこととし、折り畳み自転車を選びました。
そして自転車を購入。

 

■キャンプに必要なもの

キャンプに必要なものは何でしょう? 私はキャンプ初心者なので、全然わからなかったのですが、経験者にきいたり、ネットで調べたりして
情報収集してみました。そして今回の企画の趣旨により、それをできるだけ安く調達しないといけないこととなるわけです。

以下順番に、購入したものを紹介していきます。

 

・テント

キャンプ場で泊まるのに、雨風にさらされ続けるわけにはいきません。これは必須です

テントの種類もいろいろあります。経験者に聞いたところ、やはりお高いテントは、広くて快適だとのこと。そりゃそうですよね。
でも予算を抑えないといけないので、これにしました。

IMG_20150926_112616

お値段は、なんと2,200円。ただし若干テント内部が狭い気がします。しょうがないです。

 

・マット

テントの中にマットを敷かないと、地面の凹凸や石、地面からの冷気が背中に伝わってきてとても寝られたものではないとのことでした。

amazonで806円

 

・寝袋

キャンプ場の夜~明け方は結構冷えます。寝袋がないと、寒すぎて寝られないそうです。
こちらの寝袋を買いました。amazonで1,091円。最低使用温度が15度と書いてあります。大丈夫かな…

IMG_20151003_153636

 

・火を使うための道具

キャンプでの炊事は、とにかく、火を焚くことからはじまります。
料理作るにも、バーベキューするにも、湯をわかすにもとにかく必要

火を起こすには、
・薪や炭に火をつける
・ガス器具を使う

があるとのことですが、ソロキャンプなので、ガスを使おうと思います。
薪や炭は手間がかかりそうだし、荷物が増えるし、火のコントロールが大変
ガスは、手軽で、荷物もそんなにとらない、というわけです。

IMG_20151003_154010

買ったのは、イワタニのアウトドア用コンロ。
通常のカセットガスがつかえるのがいいですね。ガスのカセットはいざとなればコンビニでも調達できるし何かと便利そうです。
3,197円もしましたが、火は怖いので、なるべく良いものを調達しました。

 

・鍋とか。

以前から、アウトドア用の素敵な鍋がほしかったです。鍋の取っ手が折り畳みできて、コンパクトに収納できるやつのイメージです。

IMG_20151003_153845

そう、これこれ。大小2セット蓋付きコップつきで950円。安い。但し、安いだけあって、作りは粗雑。取っ手がとれそうで不安です。

 

・100円ショップで買える小物たち

予算を抑えるため、100円ショップめぐりをしました。100円ショップの実力はいかに?

IMG_20151003_154342_2

本格的アウトドアには、ナイフだけはとにかく必須、という話を以前どこかで聞いたような気がします。
本当かどうかはわかりませんが、謎の10徳ナイフもどきがあったので、買っておきました。
本当にこの安っぽいナイフで切れるのかはわかりません。108円

IMG_20151003_154119

夜になると、周囲がまっくらになるので、ライトが必須だそうです。ということでアウトドア用LEDライトを買いました。108円。電池切れに注意。

IMG_20151003_154627IMG_20151003_154644

椅子があるといいよね。という話を聞いたので、探してみました。100円ショップに折りたたみ椅子もあったのですが、かさばるし、重そう。
もっと軽くて手軽なものがないかと探したのですが、地面に座る前提であれば、これでいいかなと思って買いました。
クッションっぽいものです。一応、折りたたんでコンパクトになります。108円

装備はこれだけあれば、最低限のキャンプはできそうな気がしてきました。
いよいよキャンプに出発だ!
▼自転車ソロキャンプシリーズ
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その1:まずは自転車選び
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その2:キャンプに持っていくもの
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その3:初めてのソロキャンプ【西湖】(前編)
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その4:初めてのソロキャンプ【西湖】(後編)
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その5:反省と改良
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その6:富士山の西には何がある?
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その7:寒くなってきたので
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その8:カレーは正義
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その9:お台場行ってきました(前編)
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その10:お台場行ってきました(後編)
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その11:想定外のトラブル
自転車ソロキャンプ[総予算5万] その12(最終回):あとがき

tono

ライター:との

初心者キャンパー。
自転車乗りとしては10年以上の経歴があり、ロードバイクから小径車まで幅広く乗りこなす。各種ツーリングイベントに参加している他、ソロで長距離ツーリングを行い1日300Km近く走ることもある。自転車の経験を活かして、キャンプツーリングを快適にするべく模索中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

との

との

初心者キャンパー。
自転車乗りとしては10年以上の経歴があり、ロードバイクから小径車まで幅広く乗りこなす。各種ツーリングイベントに参加している他、ソロで長距離ツーリングを行い1日300Km近く走ることもある。自転車の経験を活かして、キャンプツーリングを快適にするべく模索中。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る