超定番!キャンプ用のテーブル

【超定番!キャンプ用のテーブル】

こんにちは。よっしーです。

寒くなってくる秋と冬はやっぱり焚き火の季節!
ゆらめく炎に癒される焚き火はキャンプの醍醐味ですよね。
その焚き火の時に欠かせないテーブルをご紹介します。

■なぜかみんな使ってる?最強テーブル

キャンプ場に行くと、なぜかどのキャンパーも使っている、そして私も使っている。
そんな定番焚き火テーブルがこちら。

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104

ファミリーやグループ
キャンプの時はサイドテーブルに。
ソロやduoの時はメインテーブルに。

など、発売から10年以上変わらないベストセラーアイテム「焚き火テーブル」。
自分も使っているのですが、本当に便利でオススメなんです。なんで気に入っているかというと・・・

 

■圧倒的耐久性

名前の通り、焚き火用のサイドテーブルなのですが、シンプル構造でタフな使い方が想定されていて、様々なシーンに対応できるのが人気の秘密なのかも。

例えば、焚き火の強い火力を利用した「ダッチオーブン」での料理では、超アツアツのダッチオーブンをそのままダッチオーブンを直接載せても問題なし。しかもビクともしない安定感。表面のエンボス加工のおかげで汚れもすぐに落とせます。

自分は結構雑に扱ってしまう方なのですが、何を置いても違和感や後悔がなく、全く気を使わなくて良いです。本当に便利。

 

■丁度良い高さ

ローチェア用のサイドテーブルとしても使いやすく、クーラーボックスを置く為の台にするのにもオススメ。1人1台で使ってる人もいます。
自分は食材や飲み物置き場として使うことが多いです。
Table1

■セッティングと収納

折りたたむとわずか2.5cmという非常にコンパクトな収納サイズもうれしいです。車載時、収納時でもスペースを取りません。
セッティングは1分もあれば女性でも簡単に用意できます。
Table2

■デザイン

デザインはシンプル。天板の両端をウッドで挟み込んでいるデザインのため、安っぽくないのが◎。いつまでも使えるデザインです。

—————–
サイズ:使用時/55×35×高さ37cm、収納時/55×35×厚さ2.5cm
重量 :2.8kg
耐荷重:50kg
材質 :天板/ステンレス(特殊エンボス加工)。 サイド/天然木。 スタンド/ステンレスパイプ直径19mm。
値段 :7,000円前後
—————–

テーブルに7,000円?という方もいるかもしれませんが、耐久性や使い勝手を考えると持っていても安心なアイテムです。
朝のコーヒータイムから夜のBBQタイムまで火を囲む時間の全てをサポートしてくれるはず!

本格派キャンパーへの第一歩!格好いいテーブルで有意義な時間を過ごしてみては?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

よっしー

よっしー

メタボ船長キャンパー。
放浪癖のあるソロキャンプ大好きな男。愛車のインプレッサであちこちに出没。最近、小型船舶免許を取ったらしいので海の記事もそのうち出てくるかも。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る