【自転車旅】お台場海浜庭園

こんにちは。
よっしーです。

久々にキャンプに出撃してきました。
いつもは車で出撃するところですが、新しいロードバイクも買ったので自転車で出撃!

目的地は千葉の館山にあるお台場海浜庭園です。
ここは房総半島の先端にあって東京湾の入口。
basyo
場所柄なのか風がめっちゃ強い!
新テントを試すには最高のロケーションです。

【準備】

実は、ロードバイクでキャンプに行くの初めてなんですよね。
なので、いつも使っている車の有難さが良くわかります。
キャンプで必要なものって結構色々あってすごい悩みまして、何を持っていくか…。そもそもどうやって載せるかとか…。

手元にある装備品としてはフロントバッグと大き目のサドルバッグだけ。
ロードバイクにリアキャリアを付けるのには抵抗があったのですが、ここは仕方なし!
amazonで安いリアキャリアを買いました。

デビュー戦の荷物(9.2kg食材含まず)

————
◆リアキャリア(5.4kg)
・テント(1.3kg)
・寝袋(1.5kgくらい)
・コット(1.2kg)
・テーブル(0.6kg)
・イス(0.8kg)
————
◆フロントバッグ(約1.7kg)
・ヘッドライト(0.1kg)
・クラッシャブルランタンシェード(0.1kg)
・ホットサンド(0.9kg)
・靴下(0.1kg)
・下着(0.1kg)
・Tシャツ(0.1kg)
・ウィンドブレーカー(0.3kg)
————
◆リュック(約2.1kg)
・ピラミッドグリルの一部(0.6kg)
・エスビット ポケットストーブ(0.2kg)
・コンパクトバーナー(0.3kg)
・ナイフ(0.1kg)
・ミニロースター(0.1kg)
・ガスバーナー(0.2kg)
・風よけ(0.2kg)
・シェラカップ×3個(0.2kg)
・アルミお皿(0.1kg)
————

出発日前日届いて取り付けなんですが、すぐに後悔。

シートポストだけで固定するリアキャリアを購入したのが裏目に出て、締め付けが足らないのか左右に動いてしまう。ゆるゆるって訳じゃないんだけど不安がよぎります。

とはいえ、走行中に横方向への負荷を極力なくせば問題なさそうなので、ポジティブに考えてリアキャリア(10kgまでOK)に強引にテント等5アイテムを括りつけて準備完了。
船舶免許取得の時のロープワークが活きました。
てか、コット、テーブル、イスの3点セットは本来であれば削るべきアイテムだよなぁ。

【出発】

お台場海浜庭園は館山なので輪行です。
今回は羽田空港まで自走して羽田空港⇒木更津駅(高速バス)⇒館山(電車)のルートで行く事にしました。

どこの空港もそうですが、空港って飛行機が近くに見えるのでテンション上がりますね。
IMG_1536

羽田に自走で行く場合は、国際ターミナルが第1第2ターミナルより手前にあって道も綺麗!
IMG_1537

羽田空港 国際ターミナルに到着!
IMG_1539
そういえば、羽田空港の国際ターミナルは拡張して美味しいレストランも増えてて、飛行機に乗らなくても楽しめる場所になりました。

そしてJR内房線で館山駅へ。
モザイクっぽい館山駅の看板。かわいい。
IMG_1548

さて、今回の問題はここから。
近くのイオンモールで食材を買ったは良いけど、積む場所があまりない。
ボトルゲージにワインボトルをねじ込み、もう一つのボトルゲージには缶ビールのアルコール重視体制。肉や魚介はハンドルにぶら下げ運転しづらいにもほどがある状態。
俺、人生で初めてボトルゲージにワインボトルを入れたぞ、意外と入るんだなぁ(笑)

館山駅前を通るとお祭りの日だったようで山車や騎馬武者がいた。
IMG_1553IMG_1554

横目で見ながらキャンプ場まで10km。一気に漕ぎます。

キャンプ場に到着すると出迎えてくれたのは特徴的な門!
IMG_1632
そして
IMG_1558
入口の文化祭ノリの看板は見なかったことにして、絶景絶景!

IMG_1561
ここいいじゃん!とテンションが上がります。

荷ほどきしてパシャリ!
IMG_1560
よく持ってきたなぁとしみじみ。
さてさて、テントを設営してビールで乾杯しなきゃです。
IMG_1568

テントの設営も終わりビールで一息ついたら、次にやる事と言えばごはんごはん!
朝から何も食べてないので腹ペコ。
せっかくキャンプなのでどうしてもやりたかった炭火調理の用意です。

このキャンプ場は受付で炭(3kg500円)を売っているので安心です。
重いの我慢して炭火セットを持ってきたので色々とおつまみ系手抜き料理をやっちゃいます。
ぶっちゃけ、炭火じゃなくて素直にガスだけだったらあと1kgは軽くできた気がする…。

◆今夜のメニュー

1.牛タン
2.さざえのつぼ焼き
3.秋鮭のホイル焼き アスパラとマッシュルーム入り
4.オイルサーディンのレモン添え
5.アスパラとマッシュルームのアヒージョ

IMG_1597IMG_1600IMG_1607IMG_1619IMG_1627

缶詰を調理するのがおすすめ。荷物も洗い物も少ないし。
シェラカップとお皿だけで済みました。

東京湾を挟んでこんな幻想的な富士山が見えるとは…。
IMG_1599
さすが日本一の山だぜ!

太陽も沈み暗くなってきたところでヘッドライトにランタンシェードをかぶせるアイデア商品を点灯。
IMG_1605
ん~、雰囲気でる~!

周りはおしゃれキャンパーたちも楽しそう。
IMG_1613

夜も更けてきたのでさっさと就寝。
IMG_1629
テントが変形するほど風が吹いて何度か起きましたが、それでも平和な朝を迎え帰路につきました。
【俺的教訓】

俺的ロードバイクでキャンプに行くときのポイント

1.荷物の量に気を付けろ!
2.リアキャリアに乗せすぎも注意!
3.荷物は極力減らすべきだけど折角のキャンプなのでやりたい事はやろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

よっしー

よっしー

メタボ船長キャンパー。
放浪癖のあるソロキャンプ大好きな男。愛車のインプレッサであちこちに出没。最近、小型船舶免許を取ったらしいので海の記事もそのうち出てくるかも。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る