100円ショップで、アウトドアで使えそうなもの その2:キャンプ小物編

100円ショップで見つけてきたものの続きです。今回は、キャンプ場で使えそうな小物を中心に紹介していきます。

電気小物コーナーで、いい感じのライトがありました。

2015-10-12 09.32.02

LEDライトですが、マグネット付きなので、テントの天井の上に金属製の鍋などをおいておき、ライトを天井につけると天井に固定できるので、
テント上方からテント内をライトでテント内が照らされることになる…はずです。

次、コップと水タンク

水タンクは、折り畳み式で3.5リットル入ります。

2015-10-12 09.35.012015-10-12 09.33.00

水場が遠いときに、これに水を入れておくことができます。しかも、蛇口をひねると水が出てくるので
水道感覚で使えます。ただし、400円。100円じゃないのね。残念。

あと、折り畳みのコップです。

2015-10-12 09.32.422015-10-12 09.32.29

折りたたむとコンパクトになります。水漏れなどは意外としないですが、
ポリ製なので、熱いコーヒーとかはあまり入れたくないです。

キャンプの水場で必要になる、洗い物用スポンジ。

2015-10-12 09.30.53

コンパクトなので持ち運びに便利。しかも2個入り。そして洗剤不要と書いてあります。環境に優しそう。

折り畳み式ナイフ

IMG_20151003_154342_2

なんと、100円ショップに10徳ナイフ的な折り畳みナイフがあるじゃないですか。デザインが何種類かあって、これはそのうちの1つです。。
ツールは5種類(ナイフ、コルク抜き、缶切り、+ドライバー、-ドライバー)あります。正直、ナイフの切れ味はあまり期待できませんが、ないよりはましかと思います。

レジャー用マットは、最大で160×90サイズのものまでありました。

DSC_0003

耐久性は期待できませんが、100円だし使い捨て感覚でいいんじゃないでしょうか?

あとアルミ保温シートというのがありまして

DSC_0004

災害時にも使える保温シートです。身にまとえば寒いときにもなんとか過ごせるかも。
暑い季節も山の方は急に冷えることもあるので念のため持っておいてもいいのではないでしょうか。

tono

ライター:との

初心者キャンパー。
自転車乗りとしては10年以上の経歴があり、ロードバイクから小径車まで幅広く乗りこなす。各種ツーリングイベントに参加している他、ソロで長距離ツーリングを行い1日300Km近く走ることもある。自転車の経験を活かして、キャンプツーリングを快適にするべく模索中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

との

との

初心者キャンパー。
自転車乗りとしては10年以上の経歴があり、ロードバイクから小径車まで幅広く乗りこなす。各種ツーリングイベントに参加している他、ソロで長距離ツーリングを行い1日300Km近く走ることもある。自転車の経験を活かして、キャンプツーリングを快適にするべく模索中。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る